学位論文

茨城大理:電波・赤外線天文観測研究室

論文ファイルを見るには認証が必要です。必要な方は以下までご連絡下さい。

M. Momose (email)

博士論文

2011年度

  1. 秋山永治:A Study of Protoplanetary Disk Structure around Herbig Ae Stars through Millimeter and Sub-millimeter Observations

修士論文

2016年度

  1. 足立弘:茨城 32m 電波望遠鏡受信機 切り替え用導波管の開発
  2. 大橋拓人:BGPS ダストコアを対象とした 大質量星形成過程における6.7GHz メタノールメーザーの出現時期の調査
  3. 佐藤宏樹:大質量星形成領域 G9.62+0.20 における 6.7 GHz メタノールメーザー強度の周期変動に関する観測研究
  4. 柴田裕輝:6.7GHz メタノールメーザー探査に基づく CORNISH HII領域との共存期間の導出
  5. 宮本祐輔:星形成領域 IRAS 22198+6336 に付随する 6.7GHz メタノールメーザーの強度変動に関する研究

2015年度

  1. 沖本有:銀河系遠方腕における水及びメタノールメーザーの探査
  2. 加古琳一:日立局・高萩局を結合した 二素子干渉計の立ち上げ
  3. 永瀬桂:G014.23−00.50 に付随する6.7 GHz メタノールメーザーの高頻度モニター観測
  4. 安井靖尭:Lomb-Scargle法を用いた6.7GHzメタノールメーザー 強度変動周期の導出
  5. 田辺義浩:ALMA アーカイブデータを用いた 前主系列星HD142527に付随する原始惑星系円盤の観測的研究

2014年度

  1. 石井翔太:大質量星形成領域G33.641-0.228 に付随する 6.7GHz メタノールメーザーの 突発的強度変動のモニター観測
  2. 佐藤雄貴:星形成領域 Aquila Rift 及び ρ-Oph L1689に対する CCS 分子輝線マッピング観測

2013年度

  1. 岡本雄大:Bok-Globule FeSt 1-457に対する多輝線マッピング観測 I: N2H+(J = 1 − 0) 輝線
  2. 影近早香:Bok-Globule FeSt 1-457 に対する 多輝線マッピング観測 II: HCO+, H13CO+ (J=1-0) 輝線
  3. 根本貴文:Bok Globule FeSt 1-457 に対する 多輝線マッピング観測III: HCN, HNC(J=1-0) 輝線
  4. 森 智彦:茨城32m電波望遠鏡用 6.5-8.8GHz帯 低雑音広帯域受信機システムの開発
  5. SOON, Kang Lou:茨城 32m 電波望遠鏡の 単一鏡分光観測システム開発

2012年度

  1. 齋藤貴文:6.7 GHz メタノールメーザーを用いた大質量原始星G8.683-0.368 における内部固有運動 VLBI 計測

2011年度

  1. 北澤 良:イメージスライサ搭載型中間赤外線分光器 MIRSIS における極低温での光学素子駆動系開発
  2. 栗橋 潤:茨城 32m 電波望遠鏡日立アンテナの 能率測定とその評価
  3. 齋藤 悠:茨城 32 m 電波望遠鏡日立アンテナにおける 指向精度評価及びその改善
  4. 滝沢美里:茨城32m電波望遠鏡用 6.5-8.8GHz帯 低雑音広帯域受信機システムの開発
  5. 田中智明:茨城 32m 電波望遠鏡の 単一鏡分光観測システム開発
  6. 森田彩佳:Subaru/HiCIAO 近赤外撮像観測によるHD 169142 に付随する原始惑星系円盤の空間構造の検証

2009年度

  1. 土佐政宗:中間赤外線イメージスライサ搭載型分光器 MIRSIS の 検出器系開発
  2. 富田皓一:中間赤外線イメージスライサ搭載型分光器 MIRSIS の スライサ光学系システムの評価と光学調整

2008年度

  1. 中川裕貴:赤外線雲モニタデータを用いた ASTE/ALMA サイトにおける サブミリ波天文観測の環境評価

2007年度

  1. 木村渉:ASTE サイトにおける赤外線雲モニタの開発
  2. 嶋田翔太:Herbig Ae型星HD31648の星周ガス円盤12CO(J=1-0,3-2)観測

学士卒業論文

2016年度

  1. 水野友雄:銀河系第二 · 第三象限に対する 6.7GHz メタノールメーザー源の探査
  2. 西村花菜:おうし座HL星に付随する原始惑星系円盤に関するALMA データの解析

2015年度

  1. 青木健悟:日立32m電波望遠鏡によるモニター観測データを用いた 突発変動天体のサーベイ
  2. 石井啓太:6.7GHz メタノールメーザーの強度変動の周期解 析に用いた Lomb-Scargle 法の精度検証
  3. 亀海真美:銀河系遠方腕におけるメタノールメーザーの探査
  4. 佐藤愛樹:ASTE 望遠鏡を用いたデブリ円盤のガス探査
  5. 高木達仁: ALMAアーカイブデータを用いたサブミリ連続波及び 分子輝線HCO+(J=4-3)による原始惑星系円盤構造解析
  6. 高原美汐: ALAM アーカイブデータを用いたサブミリ波 連続波及び CO(3‐2)分子輝線による原始惑星系円盤の構造解析
  7. 山口貴大: 日立 32m 電波望遠鏡を用いた、周期的な強度変動を 示すメタノールメーザー源のサーベイ~30 日未満の短周期検出を目指した高頻度モニター~

2014年度

  1. 足立弘:茨城 32m 電波望遠鏡受信機切り換え用 円形導波管のシミュレーション
  2. 大内智仁:CORNISH HII領域候補を対象としたメタノールメーザーサーベイ
  3. 大橋拓人:BGPSダストコアを対象とした6.7GHzメタノールメーザー探査
  4. 佐藤宏樹:G9.62+0.20 のメーザー周期変動から推測されるメタノールの励起モデルについて
  5. 柴田裕輝:銀河系ペルセウス座腕を対象とした 6.7GHz メタノールメーザー探査
  6. 鈴木恵美子:CORNISH HII 領域候補を対象としたメタノールメーザーサーベイ
  7. 星野優也:CORNISH HII 領域候補を対象としたメタノールメーザーサーベイ:G035.4570-00.1791 ~ G065.2462+00.3505
  8. 宮本祐輔:IRAS 22198+6336のフレアの解析

2013年度

  1. 沖本 有:銀河系外縁部のH2Oメーザー探査
  2. 加古琳一:K5/VSSP32 サンプラーを用いた 日立局・高萩局干渉計観測
  3. 千葉元貴:茨城 32m 電波望遠鏡 22GHz 帯 アラン分散測定と評価
  4. 永瀬 桂:ペルセウス腕の IRAS 点源に対する6.7 GHz メタノールメーザ探査 I: 銀経 110-120 °
  5. 中村英斗:メタノールモニタ観測におけるデータ解析
  6. 安井靖尭:茨城 32m 電波望遠鏡日立アンテナ 22GHz 帯における指向精度評価
  7. 山田淑乃:ペルセウス腕の IRAS 点源に対する6.7 GHz メタノールメーザ探査 I: 銀経 110-120 °

2012年度

  1. 安達祐香:衛星放送用アンテナを用いた電波望遠鏡の製作と太陽電波観測
  2. 佐藤雄貴:衛星放送用アンテナを用いた電波望遠鏡の製作と太陽電波観測

2011年度

  1. 影近早香:野辺山 45m 電波望遠鏡を用いた アンモニア分子輝線観測

2010年度

  1. 勝又賢司:恒星の進化について〜ゼミナール宇宙科学(第三章)を中心に〜
  2. 小林伸吾:Subaru/高萩、日立 32m 電波望遠鏡の解析プログラムについて,およびその付録
  3. 新宮領咲貴子:日立アンテナskyline測定

「研究室紹介」のページに戻る